あきのさくらより「深読みクラス」について。

「深読みクラス」は、「星ラボを超えた星ラボ」。(なんと!!)
いわば「星ラボ・超級」の位置づけになります。

* * *

各回前半は星ラボの復習を兼ねて「星に潜む、より深い意味&視点」を再発見、
後半は三重円リーディングがメインになるのですが、
このとき(わたしが)「別モード」にスイッチを切り替えます。

「別モード」とは「セッションモード=実践モード」のこと。
つまり、あきのさくらの「セッションモード=実践モード」を客観的に
目の当たりにする機会がここに生まれます。

(「客観的に」というのがキーです。こういう機会ってなかなかない)

* * *

現在の自分の「星まわり情報」を具体的にどのように活用すればいいのか、
あるいはどのように「ホロスコープの持ち主」に伝えていけばいいのか
各回みなさんに受け取っていただくとともに、

まさに自分がそのような「やりとりの場」に参加している当事者であるからこそ、
「星を読む側」「読まれる側」それぞれの役割と心情を実際に体感してみることや、
その様子を客観的に見ていくことも可能になるのではないかと思います。

* * *

これってもう・・・「LIVE」です。躍動するナマの星ラボ。(ナマラボか?)

「今まさに、相手のために星を読んでいる、その現場」
「今まさに、自分が星の情報を受け取っている、その現場」って、

「ナマモノ」なんです。

新鮮で、いきいきとしていて、パワフルで、輝いていて、繊細で。
少なくともわたしは、そのようにとらえています。

* * *

「星の学び」を現実世界(日常)で活かしていく、叡智と知恵を受け取るクラス。

各回、(カリキュラムのプロセスを踏まえながらも)何が起こるかわからない
イキイキとしたLIVEの空間。まるでその場全体に新たな「いのち」が宿ったかのように、
躍動感溢れるスペシャルなクラスにしたいと思っています。

みなさまのご参加をお待ちしております。^^