天地同根 ~Heavenly Love~

「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)次期開講予定は9月中旬頃。土曜クラスの募集になります。

【8月以降募集開始予定です】
150609e

 
さて、7月下旬のリリースを目指しているブレスレットシリーズ「天地同根」の新作。
今日から少しずつ、リリースに先駆けてご紹介させていただきますね。

朝露と星雲を思わせる、透明感あふれるブレスレットたち。
こちらは「3重巻きブレスレット」「1重ネックレス」の2WAY、
場合によっては3WAY で活用していただけるタイプになります。

099

 
ブレスレットには名前がついています。
名前は「ブレスレットそのものの性質」はもとより
「未来の持ち主さん」の「別名&役割」もあらわしています。

352

 
このブレスレットの名前は・・・「Heavenly Love」(ハートを開く)。
ネオンブルーが美しいアパタイトは、
太陽の光をいっぱい浴びてきらめく南国の海の「しずく」。

「胸元を開き、その奥に存在している輝きに触れることのできる人」
のための道具です。

 
<お知らせです>
★ 7月下旬WebShopに新作ブレスレットUP予定です。
・「天地同根」シリーズ
★ 7月下旬WebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。
占星術講座「星ラボ」9月中旬頃新クラス開講予定です。8月以降募集開始します。
・隔週土曜クラス


HOPE&RAINBOW

「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)次期開講予定は9月中旬頃。土曜クラスの募集になります。

【8月以降募集開始予定です】
150609e

 
さて、かつて限定スペシャルセッションにておつくりさせていただいた「HOPE Breath 」。
メンテナンスのため、持ち主さんと一緒にサロンへ里帰りしてくれました。

当時7月の開催だったので、ちょうど2年ぶりの再会。
持ち主さんも石たちも、さらにさらに輝きを増していて、とてもうれしいかぎり。

ブレスレットをつなぎなおして、クリアリング。
その間のおしゃべりもやっぱり楽しい。

【メンテナンスが終わってクリアリング中です】
150719c

 
石たちがあんまり綺麗だったのと(作り手としての)記録用に、
ブレスレットの画像を何枚か撮らせてもらいました。

こちらは「青の洞窟(マリアさまのほこら)」と一緒にパチリ。
(ご参考までに:ほこらについてはこちらこちらをどうぞ)

・・・なんて合うんだろう! 美しいコラボレーションです。

【「青の洞窟(マリアさまのほこら)」は、秋~年末にかけてWebShopへ登場予定です。じっくり時間をかけて作っています】
150719d

 
2年ぶりの再会を経て、(ある意味)生まれ変わったHope Breath。
クライアントさんの手元で、いつも、いつでも・・・
その存在を見守り、希望の光を照らしてくれますように。

* * *

さてさて、ブレスレットシリーズ「天地同根」の新作についてです。

撮影は無事終わったものの、
画像のセレクトにたいへん時間がかかっております。

朝露と星雲を思わせる、透明感あふれるブレスレットたち。
あまりに綺麗で、ついつい画像を撮り過ぎてしまいました・・・
その後、膨大な数の画像をチェック&セレクトするのにテンテコマイになるという、
自分で自分の首を締める典型的な例です。(どれも捨てがたくて・・・)

が、いくつかセレクトが終わったものもあります。
こちらはセレクトが完了した「TRIPLE RAINBOW(トリプルレインボー)」2アイテム。

【TRIPLE RAINBOW #1】
197

 
どちらも3重巻きタイプのブレスレット&1重ネックレスとして(2WAYで)活用していただけます。
虹色が3重巻きなので「TRIPLE RAINBOW」ね。

【TRIPLE RAINBOW #2】
042

 
「TRIPLE RAINBOW」の画像セレクトが完了したその日、
見事なダブルレインボーが夕空に描き出されていたのには、さすがにちょっと驚きました。
「トリプル」と「ダブル」の違いはあれど・・・ウソのようなホントの話。

【デジカメで撮るとどうしても虹が薄っぽくなりますが、実物はもっとクッキリハッキリしていましたよ】
150719

 
2本の美しい虹色のアーチ。
沈む直前の夕陽に照らされながら、空と大地を軽やかにまたぐ。

【こちらはTOY カメラモードで撮影してみました】
150719b

 
「祝福」のメッセージをたずさえているといわれる「虹」。
ほんとうは、本物の虹をブレスレット(ネックレス)にできればいいのでしょうけれど・・・

まるで本物の虹のように、クライアントさんの手元で、いつも、いつでも・・・
その存在を見守り、祝福のメッセージを届けてくれますように。

・・・というメッセージを
「TRIPLE RAINBOW #1&#2」とともに「実際に」お届けできるよう、
作業にいそしみます。がんばれ、わたし。

いや、「自分で自分の首を締める典型的な例」、
つまり画像を撮りすぎたおのれの「自業自得」なわけですが。

トホホなわたしに、
「TRIPLE RAINBOW」が笑いかけてくれているような気がしました。

 
<お知らせです>
★ 7月下旬WebShopに新作ブレスレットUP予定です。
・「天地同根」シリーズ
★ 7月下旬WebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。
占星術講座「星ラボ」9月中旬頃新クラス開講予定です。8月以降募集開始します。
・隔週土曜クラス


地球も、星なんだ/たいせつにしてよい

「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)7月始動2クラス。おかげさまで盛況の船出となりました。
次回の開講予定は9月中旬頃。土曜クラスの募集になります。(8月以降募集開始予定です)

150609e

 
さて昨日、日曜に引き続き
「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)水曜クラスさんが新しくはじまりました。

水曜クラスのみなさま、「星ラボ」へようこそ!

初回の講座でもお話しさせていただきましたが・・・
「星の世界に触れ、学ぶ」ということは、
実はわたしたちが地上で過ごす日々と、とても密接なつながりを持っています。

地上から遠く離れたところで起こっている(ように見える)
宇宙の「からくり」のようなものについて学ぶようでいて、
その学びを自分のものにしていくには、

日常の中で(普段は)特に意識することもなく触れている「自然界の要素」に
丁寧に思いを馳せてみることがとても役に立つのです。

あたりまえのように降り注いでくれる、まぶしい太陽の光。
あたりまえのように歩かせてもらえている、しっかりとした地面。
あたりまえのように頬に触れ、吹き抜けていく、流れるような風(空気)。
あたりまえのようにわたしたちを潤してくれる、透き通った水(雲)。

宇宙の「からくり」のようなものを学ぶのに、どうしてこれらが?
と、不思議に思うかもしれません。

でも、ちっとも不思議なことではないのです。
なぜなら、この地上を含む地球も、その、宇宙の「からくり」のようなものの
一端をしっかりと担っているのですから。

星の世界って
「ここではないどこか遠く」で起こっているファンタジーに思えたりもするものですが、
ちゃーんと「ここ」とつながっているんだ。

地球も、星なんだものね。

たとえばこの美しい夕焼けも・・・地球という星で起こっている現象。
光と地面と風(空気)と水(雲)によって織り上げられた、壮大なタペストリー。

【昨日の夕刻、講座終了後に移動した先・東中野にて撮影】
150716

 
そしてもちろん忘れてはならないのが、
このシーンをたった今目撃&体験している「おのれの存在」。

ホロスコープチャートが「自分という存在があってのもの」であるように。
壮大なタペストリーを織り上げる作業に、ちゃんと参加しているんです。

わたしも、あなたも。
ここで、この地球上で。

* * *

ご注文いただいたブレスレット等の発送用に使用している梱包材。
これまで利用していた「紙を細かく裁断したもの」をすべて使い切ったので
新しい素材に変えてみました。

今度は紙ではなく、なんと木材(松)。ごくごく細く&小さく裁断してあります。
不要な木材を有効活用する一環として作られたのだそう。

【本日の発送作業中にパチリ。本日分より「木材バージョン」を使用させていただいております】
150716c

 
木材独特の「ハリ」のある手触りとともに、ほのかに鼻先をくすぐる「 pine(松)の香り」が
個人的にはなんともうれしい。

わたしにとってブレスレットの発送は「わが子の輿入れ」のようなもの。
我ながら「親心」は、どこまでも(あきれるほどに)篤い。

世間の風潮としては「簡易包装」がECO でCOOL なのでしょうけれど・・・
たいせつなものなのだから、まごころ込めて、たいせつに送り出してあげたいんじゃ。

ゆえに「簡易包装」という文字は、わたしの辞書にはいまだに載っておらぬのであります。

自分にとって「たいせつなもの」は、
まわりから「それ、大事にしすぎ」など何と言われようとも、たいせつにしてよい。

中でもいちばん大事なものといえば・・・そりゃもう「自分の気持ち」でしょう。
たいせつにしていいんです。
わたしにしかわからぬ「自分の気持ち」をたいせつにしないでどうする?

以上、今日迎えた「蟹サイン新月」のメッセージを兼ねて。

 
<お知らせです>
★ 7月中旬WebShopに新作ブレスレットUP予定です。
・「天地同根」シリーズ
★ 7月中旬WebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。
占星術講座「星ラボ」9月中旬頃新クラス開講予定です。8月以降募集開始します。
・隔週土曜クラス


出逢ってしまったから。

「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)7月スタート2クラス。水曜クラス、間もなくの船出です。
(近日にお申し込みくださったかたには詳細&ご案内メールを送らせていただいております)

【水曜クラスご参加の皆様(以前にお申し込みいただいている方)へ:開講直前のご案内メールを送らせていただいております】
150609e
※ 水曜クラス、残席僅かです。
 
さて、この週末は「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)が
いろんな意味で「区切りのとき」を迎えました。

土曜クラスさんは、中級コースが修了。
そして本日、日曜クラスさんが新しくはじまりました。

土曜クラスのみなさま、ひとまずおつかれさまでした!
日曜クラスのみなさま、「星ラボ」へようこそ!

2週間に一度、みんなで集って「星三昧」のひとときを過ごす。
星の世界について学んでいると、「自分という存在」についてもいろんな発見があります。

「星の視点」を身につけることは、いわば「発見の連続」を体験することでもあって。
自分自身についてもそうですが、自分以外の人たちやこの世界についての理解がより深まり、
「新たな質や側面」が見えてくるのです。

たとえば・・・
自分では「短所だから変えないといけない」と思っていた質について、

実はそれが短所だと言い切ることはできないこと、
ちゃんと理由があって生じていることなどへの自然な理解とともに、

短所だと思うことで見えなくなっていた「豊かな資質」が姿をあらわしてくることも
いっぱいあります。

【日曜クラスのみなさまがお帰りになった後にパチリ】
150712

 
このことはきっと「アストロロジー」に限ったことではないのだと思います。
東洋をはじめ世界中で生まれ体系化されてきた、たくさんのすばらしい(占術系の)ツールなども
同じように「発見の連続」を体験することへと導いてくれるものなのだと思います。

ではなぜ、あえて「アストロロジー」なのか?
これはもう「出逢ってしまったから」としか言いようがない。

「星って・・・すごい!」と大袈裟でもなんでもなく全身全霊で感じた、
小学4年生の頃のあの体験こそが、
わたし自身の「発見の連続」のはじまりだったのかもしれません。

* * *

「区切りのとき」といえば・・・
やはりこの週末、いつも愛用しているブレスレットのメンテナンスをしました。

ブレスレットシリーズ「天地同根」の試作として自分用に作った「SUSA」。
今の状態にフィットするよう少しだけサイズダウン。

150712c

 
なぜ、あえて「石」なのか?
なぜ、ブレスレットを作り続けているのか?

理由をひねり出そうと思えば、出せないことはない。
でもそれはたいてい「後づけ」だったりもするからね。(「後づけ」がまずいのではなくてね)

人を好きになるのと一緒で、
どうしてその人を好きになったのか、ほんとうのところはわからないもの。

やはり。
「出逢ってしまったから」としか言いようがないのです。

 
<お知らせです>
占星術講座「星ラボ」新規2クラス、残席僅かです。
・隔週日曜クラス(7月12日開講:満席) ・隔週水曜クラス(7月15日開講)
★ 7月中旬WebShopに新作ブレスレットUP予定です。
・「天地同根」シリーズ
★ 7月中旬WebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。


まっとうする。

「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)7月スタート2クラス。ほぼ満席での船出となりそうです。
【日曜クラスご参加のみなさまへ:開講直前のご案内メールを送らせていただいております】
150609e
※ 日曜クラスは満席となりました。水曜クラスは残席僅かです。
 
さて、やっとパキッと晴れてくれました。
しばらくの間ずうっと雨模様だった分、太陽の光が一段とまぶしく感じられます。

カラリとした・・・いや、すでにそれ以上ですね。
じりじりと焦がされているみたいな、まっすぐでまばゆい陽射し。
そして、なんと豊かな、どこまでも沈んでいけそうな影の濃さよ。

光の陰影が際立つ夏。いよいよ到来です。

【あまりのお天気の良さに、ついつい追加撮影。影が美しい】
150710f

 
このところWebShop へUP するブレスレットは
細かな仕様のものがメインになってきておりますが、
大きな石を使用したものも、引き続き手掛けさせていただいております。

こちらは本日、セッションを経て誕生した「Cosmic Breath」。

【クライアントさんのご了承を得て掲載させていただいております】
150710c

 
存在感いっぱいの、どっしりとした佇まい。
大きな石は、手元に光をたっぷり集めてくれます。
ほんとうに、ちょっとびっくりするぐらい、たっぷりと。

そして・・・その光が、細かな虹をたくさん作り出してくれる。

150710

 
完成したばかりのブレスレットも美しいのですが、
クライアントさんの手首にひとたびおさまると・・・更なる輝きを放ちはじめる。
これも(もう何度も体験してわかってはいることなのですが)、
ほんとうに、ちょっとびっくりするぐらい、輝きが増すのです。

* * *

さて、細かな仕様のほうはというと・・・
現在リリース準備中のブレスレットシリーズ「天地同根」の新作ですが、
追加で制作していた「Sirius(シリウス)」が昨夜遅くに完成しました。

150710038

 
追加制作分は、ロングバージョンになります。
・・・・ものすごく時間がかかった・・・・。

150710051

 
ロイヤルブルーの石は、サファイア。
小さなダブルポイントのクリアクォーツ原石(水晶)は、天を駆ける狼のシンボル的存在として。

そういえばこのところ、小さなダブルポイントのクリアクォーツ原石(水晶)を
「ハーキマーダイヤモンド(という名の水晶があるんです)」
と呼ぶようになってきているみたいで、ちょっと紛らわしい。

今回使用しているのはハーキマー産(アメリカ)ではありませんが、
ハーキマーダイヤモンドに匹敵するほどの、抜群の透明感です。

・・・まぁこれもあくまで「人の都合」ですね。
石には石の、人の都合の入り込む余地など一切ない、それ自身で完成&完結している美しさがある。

自分自身をただまっとうしてきたからこそ形づくられた「結晶(石)」。
物言わぬ「結晶」は、こうしていつも、たくさんのことをわたしに教えてくれます。

そして思う。
わたしは「自分自身をただまっとうする」ことができているのだろうか、と。

精進します。

 
<お知らせです>
占星術講座「星ラボ」新規2クラス、残席僅かです。
・隔週日曜クラス(7月12日開講) ・隔週水曜クラス(7月15日開講)
★ 7月中旬WebShopに新作ブレスレットUP予定です。
・「天地同根」シリーズ
★ 7月中旬WebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。


恒星ものがたり。

「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)7月スタート2クラス。今週末いよいよ開幕です!いえい。
【お申し込みくださった方には随時、あきのさくらからご案内のメール&返信を送らせていただいております】
150609e
※ 日曜クラス&水曜クラス、ともに残席僅かです。
 
さて、あいにくの空模様ですが、今日は七夕。
ここ代々木&南新宿近辺でもあちこちで、
風に揺られる手作りの七夕飾りが、いつものシーンに彩りを添えてくれていましたよ。

【サロン近くのカタログハウス本社ビルB1F ・福島応援ショップ「本日!福島」にて】
150701f

 
「織姫と彦星が1年に1度、天の川を越えてともに過ごすことのできる日」という七夕STORY。
織姫にあたるのは「こと座」のベガ、彦星は「わし座」のアルタイル。

このふたつの(超有名な)恒星は、ちょうどこの季節の夜、
「いて座」と「やぎ座」の上あたり、より北極星に近い位置に見え、
「はくちょう座」のデネブとともに「夏の大三角形」を美しく描き出してくれています。

天文少女だったのがバレますね。(ウン十年前の話です)

ふるさとでいつも見上げていた夜空には、たくさんの星たちが煌いていました。
代々木で見上げる夜空はやはり・・・見える星の数は少ないけれど、
それでも、地上の灯りの中じっと夜空を見上げていると、星がどんどん見えてきます。

もうわたしはとっくに少女ではないけれど、
かつて飽きることなく星空を眺め続けていたときと、気持ちはおんなじ。

ものすごく遠いところで輝いている星々。
それらをまるごと包み込んでいる、でっかい宇宙。
そのでっかい宇宙に自分もたった今こうして包まれているという、
ありえないような、でも、しっかりとありえる現実にうっとりしながら、
ちっぽけな自分の存在を思う。その、とてつもない安堵感。

* * *

恒星といえば。
現在リリース準備中のブレスレットシリーズ「天地同根」の新作にも、
恒星の名を持つアイテムがいくつかあります。

まずは「蠍座」の象徴・夏の夜空に明るく、そして赤く輝く星「Antares(アンタレス)」。

150707c

 
子どもの頃から大好きな、赤色巨星。かっこいいったら、ない。
いわば「Antares(アンタレス)」へのオマージュ的な作品でしょうか。

150707

 
それから・・・前回に続いての誕生となります。(デザイン&使用する石は異なります)
冴え冴えとした青白いその輝きで地上人を魅了する「おおいぬ座」の恒星「Sirius(シリウス)」。

150707c279

 
こちらは本来、冬の代表的な星なのですが・・・
どこからともなく届く「誕生の要請」がハンパなくて。

150707270

 
「Sirius(シリウス)」は今回、もう1アイテム誕生する予定です。(現在作成中)
(ここだけの話、そのおかげでWebShop へのUP作業が予定よりも遅れている・・・)

ほんと・・・要請がハンパない。
(どこからの要請なのかはわからぬのですが)せっつかれています。

とても、とてもありがたいことです。
でも予定が・・・あうあう。

ちっぽけな自分の器を思う。その、とてつもない焦燥感よ・・・。
こういうときこそ、夜空を見上げよう。

あ・・・曇天だった。

「アセってるヒマがあったら作れ」ってことなのでしょう。
アトリエ(という名の作業部屋)に戻るとしますか。

 
<お知らせです>
占星術講座「星ラボ」新規2クラス、残席僅かです。
・隔週日曜クラス(7月12日開講) ・隔週水曜クラス(7月15日開講)
★ 7月中旬WebShopに新作ブレスレットUP予定です。
・「天地同根」シリーズ
★ 7月中旬WebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。


言葉がないからこそ。

「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)7月スタート2クラス。間もなくの「開幕」です。
【お申し込みくださった方には随時、あきのさくらからご案内のメール&返信を送らせていただいております】
150609e
※ 日曜クラス&水曜クラス、ともに残席僅かです。
 
さて、サロンに置きたくて注文していたヴィジュアルBOOK が届きました。
絵本作家&アーティスト・junaida(ジュナイダ)さんの「HUG」。

150703h

 
少し中を開いてみましょう。

150703g

 
さまざまな、「HUG」の瞬間。

150703c

 
ああ、人魚姫・・・(涙)。

150703f

 
帰宅したか、あるいは迎えに来てくれたのがうれしくて、飛びついちゃったのかな?

150703d

 
「ヴィジュアルBOOK」の名のとおり、この本には言葉がありません。
言葉がないからこそ、言葉にできないものが立ち上がってくる。

150703e

 
言葉にできないもの・・・それは「なまもの」。
「なまもの」だけれど、絶対に腐らない。

いつでも瑞々しくて、無垢で、純粋で。

ほんとうは取り出して見せたいのだけれど、
そうすると壊れてしまいそうだから、たいせつに保管しているもの。

でも、あまりに大切に保管しすぎて、
取り出し方がわからなくなってしまうこともある・・・のかもしれないもの。

この本を開くと・・・
その、「取り出し方がわからなくなってしまっているもの」と
とてもやさしいかたちで出逢えるような気がしています。

150703b

 
また、この本は・・・言葉がないからこそ、
ひとつひとつの作品の中に、どのような物語を「見つける」のかは、自由。
読み手にまかされています。

あなたはどんな「物語」を見つけるのでしょうか。
今日サロンへ持っていきましたので、どうぞご自由に手にとってみてくださいね。

150703i

 
さてさて、ブレスレットシリーズ「天地同根」の新作、撮影が無事終わりました。
朝露と星雲を思わせる、透明感あふれるブレスレットたち。
今回は全部で7アイテム。これから画像のセレクト&コメント作成に入ります。

150702b

 
今後こちらのblog でも、WebShop ヘUP する前にちょっとずつ紹介させていただく予定です。
みなさま、どうぞよしなに。

・・・ヴィジュアルBOOKのように、
(ブレスレットの紹介についても)ほんとうは画像だけでよいのかもしれませんが、
そういうわけにもいかず。

メッセージが、溢れてくるのです。

 
<お知らせです>
占星術講座「星ラボ」新規2クラスご案内&募集開始しました。
・隔週日曜クラス(7月12日開講) ・隔週水曜クラス(7月15日開講)
★ 7月中旬WebShopに新作ブレスレットUP予定です。
・「天地同根」シリーズ
★ 7月中旬WebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。


きっと願うことはおんなじなんだ。

「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)7月開講2クラス。いよいよ今月はじまります。
「集会所(サロン)に常駐している管理人のおばば(わたしの別名)」がお待ちしておりますよ。
【お申し込みくださった方には随時、あきのさくらからご案内のメール&返信を送らせていただいております】
150609e
※ 日曜クラス&水曜クラス、ともに残席僅かです。
 
さて、7月になりましたね。今日から1年の後半がスタート。
昨日(6月30日)は1年の半分を終えるタイミング(晦日・みそか)ということで、
いろんな神社で「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」が行われていました。

1年の後半を迎えるにあたり、これまでの半年分のあれやこれやを清め、心身ともに整える。
そんな「いわれ」がある「夏越の大祓」ですが、その存在は知りながらも未経験だったわたくし。

どちらかというと
「清めるって・・・何をだよ?」とくってかかる疑問に思う派だったりするのですが、
ものはためし。なにごとも体験してみてナンボだ。行ってまいりましたよ。

まずはウチのエリアにある「鳩森八幡神社(渋谷区千駄ヶ谷)」。
訪れたのは6月29日でしたが「茅の輪」がすでに設置されていたので
家人と一緒にフライングでくぐりました。

150701h

 
これで気が済んだ・・・かと思いきや。
明けて30日には、どーうしてもある神社へ行きたくなり、
めちゃんこ仕事が忙しい中マッハで行ってまいりました。こういうときは、思いに従うに限る。

さて到着してみると、こちらにも「茅の輪」が。

150701e

 
鳩森八幡神社の「茅の輪」は、紙垂(しで)がしつらえてある他はシンプルでしたが・・・

150701g

 
こちらには、なんと人形(ひとがた)が。

150701d

 
心の声はもちろん・・・

「すっげぇ! 映画の陰陽師みたいだ!」(なんてミーハーな)

そんなこんなで初体験だった「夏越の大祓」。
だからといってよいことが起こるとか、厄災を免れるとか、実はあんまり期待していなくて。
いろいろと起こるときは起こるものだし、避けられないことだってやっぱりある。

その一方で。

昔も今も人が願うことは「平穏無事に日々を過ごせること」「健やかであること」であり、
それらをKEEPするのがいかに難しいのかということも、たぶんみんな、身をもって知っている。
だからこそ、古(いにしえ)から、こうした「ならわし」が連綿と続けられているのだなぁと思う。

人が願うことは、たぶん、昔も今も、あんまり変わらない。

スイッチひとつで電気を自在に利用できるようになっても、
新幹線や飛行機で長距離をすばやく移動できるようになっても、
どんなにmobile が発達しても、きっと願うことはおんなじなんだ。

「平穏無事に日々を過ごせること」「健やかであること」。
それらをKEEPするのはどうやら難しい。だからこそ願わずにはいられない。

ずっと続けられてきた「ならわし」の中に、
その、昔も今もみんなが抱き続けてきた「願い」の切なさみたいなものを感じると同時に、

「そうだよね。時代が変わっても、おんなじだよね」
「大昔のあなたもですか!現代のわたしもそうですよ!」
という、なにやら世代を超えた連帯感ようなものにホカホカとくるまれているみたいな、
そんな気がしたのでした。

きっとね、みんなが抱き続けてきた「願い」の切なさみたいなものが、
世の中がどんどん便利になっていった「土台」の部分を担っているのだと思う。

(みんなが)平穏無事に過ごせるように。
(みんなが)健やかであるように。
できるだけ叶えるには、どうしたらいいのか。
できるだけみんなを悲しませないようにするには、どうしたらいいのか。

便利の土台は、そうした「切なさ」なのかもしれない。
どんどん再整備されていく街の様子を見るたびに、
あるいは医療の進歩や延命治療に関するニュースを見聞きするたびに、そう思います。

* * *

明日7月2日は山羊サインで満月が起こります。

ふだん何気なく利用している、けれどもよくよく考えてみると
とても便利だったりするものの中に、
どれだけの手間と時間、そして「願い」がこれまで積み重ねられてきたのか、
ちょびっと思いを馳せてみるのもいいかもしれませんね。

いつものどうってことのない(ように感じられる)電車が、車が、スマホが、ビルが、
マグカップが、ランチのごはんが、いつもとは違う姿を見せてくれるかもしれませんよ。

たとえ見せてくれなくても、そこはご愛嬌。
たぶん気づかないところで
なにやら「お返事」のようなものが届けられているかと思いますゆえ。

 
<お知らせです>
占星術講座「星ラボ」新規2クラスご案内&募集開始しました。
・隔週日曜クラス(7月12日開講) ・隔週水曜クラス(7月15日開講)
★ 7月上旬WebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。


透明な、やさしいまなざし。

現在生徒さん募集中の「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)7月開講2クラス。
星の視点を通して世界を眺めてみることは、「透明な、やさしいまなざし」を自分自身に
注ぐことでもあるんだなぁと、講座のたびにいつも感じています。
【お申し込みくださった方には随時、あきのさくらからご案内のメール&返信を送らせていただいております】
150609e
※ 日曜クラス&水曜クラス、ともに残席僅かです。
 
さて、昨日の夕方。といっても、すでに19時頃だったでしょうか。
サロンでの楽しい「星の集会」(星ラボ@土曜クラスさん)後、OFFICE 兼自宅へ戻り
PCに向かってあれやこれやと作業をしておりましたら・・・

窓の外がえらいことに。

西の空が、雲が、光が・・・
まるで「やわらかな、はちみつ色」のオーガンジーで、ふわりとくるまれているみたい。

150628c

 
それから15分ほど経った頃でしょうか。
部屋へ戻りPCに向かっていたら、窓の外がまたえらいことに。

西の空が今度は、こっくりとしたPINKと深みを湛えたBLUE に染まっていました。

150628f

 
「はちみつ色」と「PINK&BLUE」。
どちらの空も感動的な美しさで、ひとしきり眺めて、深呼吸して。
この光景に立ち会うことのできたうれしさを存分に堪能した後、
何枚かデジカメにおさめてみたのですが(前出の画像たちです)・・・

違うのです。画像化してみると、何かが違う。
確かにわたしが体験したあの光景ではあるのだけれど・・・何かが足りない。

あたりまえのことではありますが・・・
「自分が体験したことそのもの」と「画像」は別物。

体験したことをそのまま保存したくてデジカメにおさめてはみたけれど、
やっぱり何かが画像からこぼれ落ちてしまう。省略されてしまっている。

その「こぼれ落ちて省略されてしまう何か」が、
できるだけこぼれ落ちてしまわぬよう、省略されてしまわぬよう。
そうこころがけていると・・・

WebShop 用の画像を1アイテムにつき100枚以上もデジカメにおさめてしまうという
暴挙につながるわけですね。(実話です)

今週は天地同根シリーズ新作ブレスレットの撮影作業が待っています。
できるだけこぼれ落ちてしまわぬよう、省略されてしまわぬよう。
手間を惜しまず、でもほどほどに、しかし手間は(性格上)やっぱり省けそうにない。

* * *

本日「星の集会」(星ラボ)日曜クラスさんが上級コースの楽日(最終日)を迎えました。

【講座終了後にパチリ☆みなさんおつかれさまでした!そして・・・ありがとう(;▽;)】
150628

 
初級コースで初めて出逢い、
「星の視点」を通して半年間いろんなことを分かち合った仲間たち。

講座が進むごとに、
おひとりおひとりの「持ち味」や「すてきなところ」がどんどん立ち上がってきて、
お互いに自分の「持ち味」「すてきなところ」をちゃんと「自分のもの」として抱き取っていく。

生徒さんたちのその様子が・・・ほんとうにうれしくて、かっこよくて。

自分の「すてきなところ」って・・・なかなか(自分では)認めにくかったりするもの。
自分の「すてきじゃない(と考えている)ところ」には、いとも簡単に肯くことができるのに。

冒頭にも書きましたが・・・
星の視点を通して世界を眺めてみることは、「透明な、やさしいまなざし」を自分自身に
注ぐことでもある。

「透明な、やさしいまなざし」。
それは・・・「決めつけ」のない、やわらかな視線。

自分自身にそのようなまなざしを注ぐことは、同時に
「自分以外の人」にそのようなまなざしを注ぐことができるということでもある。

それがこんなにも可能なのだということを、
日曜クラスさんがあらためて教えてくれた。示してくれた・・・。

こころから、そう思います。

* * *

・・・さきほどのデジカメの話じゃないけれど。
どんなに言葉を重ねてみても、
「自分が体験したことそのもの」と「言葉」は別物。

わたしが講座で体験したことをそのまま再現したくて言語化してみたけれど、
やっぱり何かが行間からこぼれ落ちてしまう。省略されてしまう。

それが「言葉」というものの宿命なのでしょうけれど・・・
それでもやはり言語化せずにはいられないのでありました。

 
<お知らせです>
占星術講座「星ラボ」新規2クラスご案内&募集開始しました。
・隔週日曜クラス(7月12日開講) ・隔週水曜クラス(7月15日開講)
★ 7月上旬WebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。


HOME(ホーム)。

現在生徒さん募集中の「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)7月開講2クラス。
星の視点で世界を眺めてみる「目からウロコ」の楽しいひとときがはじまります。
【お申し込みくださった方には随時、あきのさくらからご案内のメール&返信を送らせていただいております】
150609e
※ 日曜クラスは残席僅かです。
 
さて、昨日は「星の集会」(星ラボ@名古屋)でした。
キャラ立ちテンコモリ&明るくて楽しいみなさまとの、月に一度の濃密なひととき。

【講座終了後、お帰り前のみなさんを隠し撮り(なんちゃって)】
150626c

 
名古屋へ通うようになって、3年目になるのかな。
新幹線で名古屋駅へ到着すると、いつの間にかこころに
「ただいま」という思いが生まれてくるようになりました。

繰り返し訪れる場所は、
自然と、自分にとっての「HOME(ホーム)」みたいに感じられてくる。
たとえそこで生まれ育っていなくても、住んでいなくとも・・・
自分にとって「特別な場所」になる。

街が、土地が、「また来たんだね。おかえり」と言ってくれているようで、
ホッとするのです。

それはきっと・・・生徒さんの笑顔のおかげ。
講座のオーガナイザーさん、スタッフさんのおかげ。
「気さくな王だから、来いよ!」という生徒さんのシェアにみんなで爆笑できる
「つながり」のおかげ。(念のため、星のお勉強の一環です。うふふ)

【講座終了後にパチリ。みなさんおつかれさまでした!問題:さて「王」はどなたでしょう?】
150626d

 
みんな、いつもありがとう。
やさしく迎えてくれて。ほんとうに親切にしてくれて。

* * *

帰りの新幹線にて。
品川駅へ近づくにつれて、
オフィスの灯りがちりばめられた高層ビル群がどんどん姿をあらわします。

そんなとき、やっぱりこころに生まれるのは「ただいま」という思い。

東京も、わたしにとって「特別な場所」。
たいせつな「HOME(ホーム)」です。

* * *

今年の3月まで約9年ほどお世話になったブログサービス自体が
昨日いっぱいで終了になりました。

すでに今年の4月から新たにこのblog を利用していますし、
旧blog の記事やデータはすべて別サービスへ移行済みですので(もちろんご覧いただけます)
不便はないのですが・・・

ちょっと寂しいような、感慨深い気持ちになりました。

「9年」って、短くはないですものね。
歳月によって積みあげられていく「重み」のようなものって、やっぱりある。

「それがあるのが、あってくれるのが、あたりまえ」。
そんな風に、まるで空気のような軽さに見せかけながら、でも着実に積みあがっていく「重み」。
その「重み」には、普段はなかなか気づけないものだけれど・・・

いざそれが「もうこれ以上、積みあげることはできない」という段階を迎えると、
いとおしさや感謝、寂しさや切なさがごっちゃになった「重み」として姿をあらわす。

その、「姿をあらわしたもの」を、しっかりと味わいたいなって思います。
だって、せっかく姿をあらわしてくれているのですから。

そしてやっと、その「重み」に気づけたのですから。

 
<お知らせです>
占星術講座「星ラボ」新規2クラスご案内&募集開始しました。
・隔週日曜クラス(7月12日開講) ・隔週水曜クラス(7月15日開講)
★ 7月上旬WebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。