「有り難い=どれほど奇跡的なことであるのか」

※ 12月より個人セッションお申し込みを再開しました。
※ インスタ開設しました。(cosmicflowerlab)
※ 「ニューイヤースペシャルセッション」1月中旬以降開催予定です。(ご参考までに:昨年のサイトはコチラ
 

なんだかインスタのことばかり冒頭に書いておりますが、新しいことにチャレンジして新鮮だからなのですよね、きっと。

逆に、習慣化しているというか、他の方にとっては珍しくても自分的には珍しくもなんともないことについては、やっぱり書こうとはあんまり思わないですねえ。たとえば坐禅のこととか。(^m^)

さて、私事ですがクリスマスイブの夜、ちょっとした手術を受けました。日帰り&命に別状ナシ系です。^^

「翌日から運動もお酒もOK」と言われていましたが、一応大事をとって昨日&今日は仕事を入れずにおりました。あ、おかげさまで術後の痛みは随分和らぎましたよ。^^

身体を少し動かしたくて、明治神宮にお散歩へ。ちょうど、部分日食がはじまる頃でした。曇天でしたが。

初詣の準備がすでにじゃんじゃんすすんでおりました。

【巫女さんがいらっしゃると空気がスッとしますね】

 

神宮の杜には、たくさんの「実り」が。

【ものすごい量のどんぐり】

 

先週訪れた際、まだ紅く色づいていた「もみじ」の古木。

【ちょうど紅葉(こうよう)の終わりかけでした】

 

雨に洗われて、枯れた味わいに。

【貫禄】

 

どうして日本の人は、神社へお参りするのでしょうね。

神様が鎮座なさっているから? 神様にお願い事をきいてもらいたいから?

「お願い事」というからには、それはまだ叶っていないことなのでしょう。すでに叶っていることをわざわざお願いしたりしませんものね。

叶っていないことって、どうしても、目立つものです。気持ちの泡立ちをともなったりもしますし。

一方で、すでに叶っていることや、願う前から叶ってしまっていることは、目立たない。というかむしろ、忘れられてしまう。いともカンタンにあたりまえのことになってしまう。

たとえばそれは、今日わたしが明治神宮へフラリと散歩へ出かけられたこと。手術を受けることができたコト。スマホで画像を撮影できたこと。こうして今、PCに向かって文章を入力できていること…どれも、自分ひとりのちからでは成し得られないことばかりです。わたしは、電気ひとつとっても作り出せないよ。

【北参道にて。ヒラリと羽根が舞い降りてきました】

 

「叶えたい願い」を静かに受け取ってもらう。

と同時に、「すでに叶えられている願い」の存在に…それがどれほど「有り難い=奇跡的なことであるのか」ということに気づかせてくれる。

それが「神社という場」なのかもしれませんね。

お名前も知らぬ、数えきれないほど多くの先人の方たちによって、長い時間をかけて積み重ねられ、整えられてきた数多のものに、わたしたちは守られているんだ。

以上、木星をともなった山羊サイン新月のメッセージに代えて。

ちなみにワタクシ、実は「寺派」です。← ( ̄ω ̄;)!!

 
<お知らせです>

【「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)2020年各クラス開講予定です。募集開始等HP&blogにてお知らせします】
150609e

 
★ 12月より個人セッションお申し込み受付を再開しております。
★ 「星の集会」(占星術講座「星ラボ」)2020年各クラス開講予定です。
★ 2020年GW期間中「セッションスキルセミナー」実施予定です
★ 2020年こそ!WebShopに新作ブレスレットUP予定です。
・「天地同根」シリーズ
★ こちらはゆるゆるとWebShopに「Angel’s GIFT」UP予定です。
・Angel+石のセットになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*